2018年10月14日日曜日

国際平和のための世界経済人会議

すっかり秋めいてきましたね 

ここ最近もイベントやさまざまな媒体で 
オイラの詩にふれてくださった皆さん 
ありがとうございます 

もうね 
あんまり書くと偽善者ぽくて 
嘘くさくなるからイヤなんですけど 
ほんとうに感謝してるんですよっ 

だから感謝なんかしている暇がないくらい 
もっと面白い詩とパフォーマンスを 
全力で編み出していきますね 



ステージに立っていて 
お客さんがこちらの詩に集中して入り込んでくれると 
映画か何かを観ている感覚になるんでしょうか? 

オイラと視線が合っても 
まるで動じることがなくて 
作品世界のなかの登場人物のようになっている 
なんてことがあります 

こちらはわりと 
どんなに激しく叫んだり動いたりしていても 
99%くらいは凍てついた精神をキープしてないと 
詩のライヴを司れないので 
冷静なんですが 

そのお客さんの表情というか 
眼差しにハッとすることがあります 

そこには人間の持つ普遍性であったり 
いまというひとときを呼吸している 
生きものの時代性であったり 
各々に独自にそなわっている 
善性であったり悪性あったり 
そのどちらか判断のつかない”何か” 
だったりが垣間見えて 
ほんの一瞬ですが 
おもわず「うわ~~」 
って感動しちゃうんです 

ああ、やっと、 
いま詠んでいるこの詩は完成して 
そしてつぎの詩に向かえるんだな 

と 



ね! 
そりゃ感謝するでしょ(笑) 

でもって今日の告知なんですが 
ふだんはそうやって 
ライヴでお客さんの潜在意識のようなものをいただいて 
詩をつくっていますが 
下記のイベントではそのエネルギーを活かして 
平和について考えて感じて 
語ってみたいとおもいます 

という訳で 
皆の衆っ 


広島で待ってるよ~~~ 




* 



【2018国際平和のための世界経済人会議】 


ビジネスと平和構築のあり方との関係を多面的に議論するとともに,核兵器のない平和な世界の実現に向けた効果的な発信と国際世論の喚起にむけ,経済界との連携を図るため「2018国際平和のための世界経済人会議」を開催します。 

日時:平成30年11月5日(月曜日)・6日(火曜日) 
場所:広島国際会議場(広島市中区中島町1番5号) 
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/icch/ 
主催:2018国際平和のための世界経済人会議実行委員会(構成 広島県,独立行政法人国際協力機構中国センター,公立大学法人県立広島大学) 
テーマ ~マルチステイクホルダーのパートナーシップにより、SDGs通じて国際平和を実現する~ 



ープログラムー 


11月5日 

opening 
開会式 
知事挨拶 

special session 
『SDGs,BOP,CSRビジネスの創出を通じた平和の実現』 
CSRやBOP,SDGsの視点を取り入れたソーシャルビジネスは,環境保全,教育機会の提供,人権擁護などの観点から地域コミュニティや国の政情の安定化に貢献し,紛争防止に貢献するとされる。 本会議で,スタートアップ・セッションを設け,広島を基点とした,SDGsビジネスを志す起業家と広島・国内の企業とのマッチングによるSDGs,BOP,CSRビジネスの具体的な取組の創出を図る。 
~登壇者~ 
黒田かをり(CSOネットワーク事務局長,SDGs市民生活ネットワーク代表理事) 
佐藤哲(産業革新機構ベンチャー・グロース投資グループディレクター) 
谷本有香(フォーブズジャパン副編集長) 
平本督太郎(金沢工業大学SDGs推進センター長) 
スチュアート・ハート(バーモント大学教授) 

workshop 
『大変革時代の「個人の働き方・生き方」』 
高齢化が進み「人生100年時代」と呼ばれる中、一生の中で一つの組織にしか属さないのは既に少数派となっている。また技術の進展により、場所を選ばず複数の仕事を進めることが容易になった。一方、会社や地域に属さない個人にとって社会に対しての不安感・不信感も日に日に増している。大変革時代において、個人がいかなる働き方・生き方を模索すべきか検討し、個人の変化に注目しながら、平和構築活動への参画の意識付けの可能性について語る。 
~登壇者~ 
石川善樹(予防医学研究者) 
松中権(グッド・エイジング・エールズ 代表) 

workshop 
『NPOの日本社会における役割』 
日本社会では社会課題が多様化する一方で、財政難によって行政が課題解決のために投ずることができる資源は減り続けている。その中で、民間による社会解決の主体であるNPO(ソーシャルセクター)の役割は高まってきている。大変革時代において、NPOが日本社会で果たせる役割と課題について検討していき、そうした取組が平和にどう貢献できるかを考察する。 
~登壇者~ 
白井智子(トイボックス 代表理事) 
今井紀明(認定NPO法人 D×P 理事長) 
宮城治男(特定非営利活動法人エティック 代表理事) 

workshop 
『気候変動による気象災害への対応からの世界への貢献』 
気候変動がもたらす諸課題へのイノベーションによる解決策を議論したが、このワークショップでは、西日本豪雨災害のように、気候変動が要因とみられる気象災害が世界で多発する中、防災と復興において経験豊富な日本社会の現場の最前線で活動する有識者により、災害多発時代のこれからと課題について議論し、平和構築への応用を探る。 
~登壇者~ 
青柳光昌(社会的投資推進財団 代表理事) 
今村久美(カタリバ 代表理事) 
末松弥奈子(株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長) 
明城徹也(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク 事務局長) 

workshop 
『日本のソーシャルセクターの海外における役割』 
国際協力は開発途上国に対する貧困・教育・医療支援が中心であったが、SDGs時代となり、先進国も含めたあらゆる社会課題が国際的なテーマとなりつつある。日本は、高齢化や人口減少など世界が今後直面する社会課題を先じて経験しており、世界にその教訓を伝えられる立場にある。国内社会課題に取り組むプレイヤーが、海外諸問題に果たせる役割について議論し、平和構築の貢献へつなげていく。 
~登壇者~ 
岩附由香(ACE 代表) 
鬼丸昌也(認定NPO法人テラ・ルネッサンス 理事/創設者) 

session 
『平和と気候変動』 
気候変動は、水や食料事情の不安定化、居住地の喪失による大量移住の発生など、地域の不安定化や安全保障上のリスクを有する。災害による貧困やコミュニティ劣化への対策は、この意味から重要である。本セッションでは気候変動と平和構築の関係を確認し、テクノロジーやビジネスの現場で貢献している各プレイヤーの取組や課題意識を議論する。 
~登壇者~ 
平本督太郎(金沢工業大学SDGs推進センター長 ) 
島田久仁彦(株式会社KS International Strategies 代表取締役社長) 

keynote speech 
『基調講演』 
ジャック・アタリ氏講演 
※ ジャック・アタリ… 
フランソア・ミッテラン元フランス大統領特別補佐官,欧州復興開発銀行の初代総裁など要職を歴任。1998年に発展途上国支援のNGOを創設。 

session 
『平和、メディア、データとインターネット社会』 
インターネットは人々により自由で民主主義的な社会をもたらすとされている。若い世代はSNSを駆使してデジタルメディアで情報を集め、時に世論を動かすムーブメントを起こす。一方、データ社会が権力による人々の監視を可能にしたことは、デジタル専制主義ともいわれる。ネットとデータ社会の光と陰に向き合い、平和な国際社会を維持するための筋道を議論する。 
~登壇者~ 
金子将史(政策シンクタンクPHP総研首席研究員) 
浜田敬子(Business Insider Japan統括編集長) 

session 
『平和と教育』 
教育機会の創出は貧困や紛争解決の一助となり、教育の内容や質も多民族共生や女性の独立などに影響し重要である。貧困撲滅と平和創造を目指して、全ての人が平等で公平な教育を受けられるために社会は何ができるのか。不安定な状況下で個々人の学ぶ力を強化するためにどんな支援の形があるか。復興や平和構築のための教育支援について議論する。 
~登壇者~ 
※近日発表。 

session 
『平和とアート』 
平和を訴えるアート(音楽、映画、文学など)は、本当に平和を作れるのか。ポーズやファッションに留まっていないか。アートならではの平和貢献の方法、アートが持つべき「批判力」などの根本的テーマを評論家やアーティストたちと共に考える。また芸術ジャンルごとに異なる手法やアプローチの比較から、平和を訴えるアートの課題や本質に迫る。 
~登壇者~ 
宇野常寛(評論家, PLANETS編集長 ) 
桑原滝弥(詩人) 
関根健次(ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役、一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事、ピースデー・ジャパン共同代表) 
林千晶(株式会社ロフトワーク代表取締役) 


11月6日 

session 
『平和とスポーツ』 
スポーツによる平和への貢献は,平和のメッセージを強化すると考えられる。スポーツは平和と開発を促し、寛容と相互理解を育む。フェアプレー精神が平和の意識付けにつながり、スポーツ活動は貧困削減や人材育成に役立っている。様々なスポーツの効能を踏まえ,平和を実現する手段としてのスポーツの役割やスポーツの社会的意義について考える。 
~登壇者~ 
野口亜弥(順天堂大学健康科学部助手、元プロサッカー選手) 
齊藤一彦(広島大学大学院教育学研究科教授) 
樋口昌平(特定非営利活動法人Little Bridge) 

session 
『平和と新しい資本主義』 
世界に拡大した自由市場経済は、国家さえ超えるような強大なグローバル企業を生み出した。そして本来は社会の一部である経済が、逆に社会を規定し、価格のつかない価値や社会規範は無視されつつある。そのような社会に蓄積した不安要素による平和の崩壊を回避するために、資本主義はどのように改善され得るか。新たな経済行動原理を議論する。 
~登壇者~ 
ジャック・アタリ(経済学者) 
尾原和啓(コンサルタント,執筆家・IT批評家) 
スチュアート・ハート(バーモント大学教授 ) 
スージー・スナイダー(国際NGO PAX) 



『2018国際平和のための世界経済人会議』HP 
https://www.hiroshima-wbcwp.com/ 




* 



細かなタイムスケジュールは 
これから上記HPで発表されますが 
オイラが登壇する 
session『平和とアート』は 
11/5(月)17:20~18:30に開催予定です 

また、翌日の11/6(火)には 
何かしら詩のパフォーマンスをしてくれ 
という話も出ておりますので 
続報をこのブログでもお伝えしますね 



さらにその翌日の11/7(水)は 
7月の豪雨被害に遭われた方々が暮らされている 
県内の仮設住宅におじゃまして 
詩のライヴをお届けしてまいります 

こちらは常日頃 
オイラが出演するイベント会場に
置させてもらっております活動支援金箱へ 
お客様が託してくださった”志”を活用させていただきます 

どのようなライヴになりましたか 
こちらもまた、このブログで後日ご報告いたします 



尚、仮設住宅での公演と 
会議でのパフォーマンス(予定)には 
今回の企画趣旨に賛同してくれた 
オイラが敬愛してやまない 
大島健夫さん、向坂くじらさんの 
二人の詩人にも参加していただきます 

昨年11月の福島ツアー以来の座組ですが 
一体どんなことになるのやら!? 
続報&報告を待っててくださいね 




* 



そしてそしてそして… 
最後に! 

来週末(10/20~22)からはいよいよ 
札幌で『俊読オープンマイク』が開幕☆ 
http://shijinrui.blogspot.com/2018/10/blog-post.html 



当日のドタ参加&観覧も 
ドシドシ受け付けますし 

中日の11/21(日)にはなんとっ 
2009年と2016年の俊読にも出演してくださった 
オイラも大尊敬する 
詩人・三角みづ紀さんが 
ご来場されます 

ちょっぴりコメントもしていただけるかとおもいますので 
そちらもお楽しみに☆ 



秋の夜長なみに 
長い日記になっちゃいましたが 
最近の冷え込みをふっ飛ばす勢いで 
これからも”詩”まくりとおす所存ですので 


何卒よろしくお願い申し上げます∞ 

2018年10月7日日曜日

ラララ…取り返しのつかぬ日々

今年の3月にゲスト出演した 
MID-FMの番組 
「2018 03 26 Radio Katze」 
https://www.youtube.com/watch?v=3cdi_Yizmss 



上記アーカイブをお聴きいただくとわかるのですが 
番組終了間際の23:39辺りに 
「今度は俺が聞き役に回るから! 
 かつえちゃんの世の中の許せないコト100とか聞くから!」 

などとテキトーにほざいていますが 
迂闊なことはやはり言ってはいけません
取り返しのつかない事態になりました… 

なんと、ほんとうに 
パーソナリティーとゲストの立場を逆転して 
オイラが三木佳都枝さんの話を伺う番組が 
放送されることになったのです!!! 

公共電波、こわっ 

果たしてどんなことになるのやら 
よかったら聴いたってちょ~~~ 



10/29(月)22:30~ 
「Radio Katze特別編」 
パーソナリティー:桑原滝弥 
ゲスト:三木佳都枝 
(MID-FM761 / 76.1 MHz) 
http://midfm761.com/ 

スマホ・PCはコチラから↓ 
http://midfm761.com/downloadpage.html 

番組HP 
http://www.midfm761.jp/monday2230/ 




* 



んでもって、 
明日(10/8)はいよいよ 
高円寺・彦六で18:30~ 
「リズム ~彦六・熱の記憶~」 
http://shijinrui.blogspot.com/2018/09/blog-post.html 



すでに展示の方ははじまっていて 
オイラも昨日見てきたのですが 
迫ってくるものと 
突き放してくるものが 
絶妙に織り交ざった 
すてきな空間になっておりました 

ぜひ、あそびに来てくださいね 



明日も 
取り返しのつかないうたで 
精一杯おもてなしいたします

2018年10月1日月曜日

傷の共鳴と、その先、

さて、10月となりました 

今月はいよいよ 
札幌で「俊読オープンマイク」を開催いたします 

札幌はもとより 
それ以外の土地の方からも 
たくさんのエントリーと観覧お申し込みをいただき 
ほんとうにありがとうございます! 

まだまだ 
ご予約承っておりますので 
悩んでいる方は 
必ずただごとではないイベントにいたしますので 
思い切って気楽にご参加くださいね 



共同主催の俊カフェ・古川さんと 
あれこれやり取りをしながら 
現在準備を進めておりますが 
エントリーされた方が 
どのようにパフォーマンスをするべきか 
たくさん思案をされていると伺っております 

そこで今日は 
過去の俊読で 
オイラが出演者の方へ送ったメッセージの抜粋を 
公開したいとおもいます 



これを読んで 
何かしら考える材料にしてもらえたら幸いですし 
俊読に限らず 
詩の朗読・パフォーマンスをされるひと 
また、それを観るのが好きなひとにも 
どこかしら相通じる部分があるかとおもいますので 
よかったらご一読くださいね 

あらためて「俊読オープンマイク」の概要と 
今後のオイラの一般公開されるイベントなどの予定も 
掲載しておきます 



わからないこと 
不安なこと 
こわいこと 
それでも何かを感じて 
生きていくこと 

そんな日々のなかで 
見知らぬあなたと 
共鳴できること 

そしてそこから 
はじまる世界があることを 


信じて 




* 



【過去の俊読で、主催・桑原滝弥が出演者へ送ったメーセージの抜粋】 


お客さんの熱気や感情の部分は、僕のMCや、俊太郎さんとのトークの部分でフォローするつもりです。 
ですので、パフォーマンスをする演者の皆さんには、作品の世界観を伝えることに集中してもらえたらとおもいます。 
やっぱり詩の朗読、というか、詩は、感情よりも深いところから紡ぐものだとおもうからです。 
過去の俊読で、お客さんの熱気に引っ張られて、表面上盛り上がっているように見えて、何も響いていないパフォーマンスをいくつか見てきました。 

また逆に、こちらのパフォーマンスに入り込んでくれたお客さんが、入り込みすぎて、まったく無反応になることがありますが、これもあまり気になさらないでよいかとおもいます。 
これは詩・パフォーマンスの余韻に浸っているだけなので、そのまま自由にほっといてあげましょう。 

いずれにせよ、盛り上がろうが、静かだろうか、その現象の本質がどこにあるのか、本番の一瞬々々で察知して、お客さんと息を混ぜ合わせていくのが、詩のライヴの醍醐味なのかなと僕はおもっています。 
絵になる前の絵や、音楽になる前の音楽、物語になる前の物語といった、表現の原初的な部分(はじめての発見)をしっかりと肚に持てていれば、何をしようがしまいが、詩のライヴは生まれます。 

そして、俊太郎さんの作品についてなのですが、僕なんかが言うのもなんですが、とてつもなく優れたテキストです。 
一見誰にでも書けそうな平易な言葉で、誰も味合わせてくれなかった沈黙を与えつづけてくれてきました。 
音の並びとしてもよくできていて、誰が声に出して詠んでもある程度キレイに響き、サマになるようにできています。 
実際詠んでいて気持ちいいですし、これがプライベートであれば何の問題もないことですが、舞台上から聴衆に聴かせることを考えると非常に危険なテキストと言えます。 

こちらを詠んだ気にさせて、ツルツルと上滑りが起きます。 
やっている演者も気づかないうちに、ただ、それっぽく詠まされて終わってしまいます。 
過去の俊読や、いろいろな詩の朗読会で、そんなテキストと声・肉体の無意識の乖離をいくつも見てきました。 

そのために、何かしらの演出を施すというのも、ひとつの手だとおもいます。 
速度や音程に緩急をつける、台詞調や機械調など声音に色を付ける、動きでアクセントを付ける、観客を巻き込む、テキストを編集し直す、自分のテキストと交ぜ合わせる、バックトラックを付ける、歌う、叫ぶ、囁く、やたら長い間(ま)を空ける… 
いろいろなことが考えられますし、僕もいろいろやってきました。 
そして、それは何かしらの効果を生み出すことができました。 

ただ、十年以上俊読をやってきて、もっとも大切だと信じられたことは、俊太郎さんの詩と、己の内面・意識の間で、どれだけ共鳴できる部分を見つけられるかということでした。 
ある種の個人的な傷の共鳴と言いましょうか、一番しんどいようなところや闇の部分から声が出て、俊太郎さんの言葉が乗せられれば、もうギミックはいりませんし、逆にどんな大胆な演出をしても成立します。 
これが、いまのところは、自分が俊読をやる上でのベストな取り組み方で、俊太郎さんが「詩人は死んでなきゃいけない」と仰ることへの、僕なりの答えです。 

もちろん、これらのことを一切無視してやっていただいてもかまいませんので、あしからず。 


桑原滝弥 




* 



【イベント概要】 



『俊読』オープンマイク 
~ 谷川俊太郎さんの詩を 
  声に出して読んでみよう!~ 



2018年 
10月20日(土)、21日(日)、22日(月) 
各日 13~17時開催 


☆『俊読』とは… 
”この国の子どもたちは皆、この男の詩を読んで大きくなった”というキャッチコピーとともに、 
日本でもっとも愛されている詩人”谷川俊太郎”の作品を、さまざま詩人/アーティストが独自の解釈と方法に則って大胆にも切り込むトリビュートLIVE 。 
最後には本人も登場する大人気ポエトリーイベントとして、2006年1月のスタートより、これまで通算10回(東京7回、名古屋1回、京都2回)開催されています。 
今回の『俊読』オープンマイクは、来年春に開催の、札幌での『俊読 2019』への出演者選考を兼ねたイベントとなります。 



◎『俊読』オープンマイク参加者大募集! 

谷川俊太郎さんの詩をはじめ、 
散文、エッセイ、絵本、歌詞など、 
とにかく俊太郎さんが書かれた作品を朗読、及び、 
パフォーマンスされる方なら、どなたでも参加可能です。 

作品をそのまま忠実に演るもヨシ。 
いくつかの作品を抜粋して組み合わせるもヨシ。 
勝手に曲をつけて歌ったり、踊りやパフォーマンスを創作してみるのもヨシ。 
ご自身のオリジナルの言葉や作品とリミックスするもヨシ。 
みんなで自由に俊太郎さんの言葉を声に出して、 
その響きを感じ合いましょう。 

参加された方のなかから、 
来年5/26(日)札幌市・Fiestaで開催される、 
谷川俊太郎さんご本人も出演予定の 
『俊読 2019』への出演者を選ばせていただきます。 

制限時間一人(組)5分間。 
音源(CDソフト対応、USBは再生機器持参の事)使用可。 
楽器(セッティングに長時間掛からないもの)使用化。 
下記お問い合わせ先よりエントリー受付。 
各日会場定員30名になり次第締め切り。 
※観覧のみのお客様ももちろん大歓迎です! 


◇お問い合わせ 

エントリー/観覧受付・俊カフェ 
TEL:011-211-0204(11時~20時/火曜休) 

内容に関するお問い合わせ・詩人類/桑原 
TEL:090-8545-2708 
takiyakuwahara@yahoo.co.jp 



◇出演 
桑原滝弥(詩人/『俊読』主催者) 
古川奈央(フリーライター/『俊カフェ』店主) 


◇料金 
2500円(1ドリンク付き) 
※パフォーマーも観覧される方も均一料金です。 


◇会場:俊カフェ 
(北海道札幌市中央区南3条西7-4-1 KAKU IMAGINATION 2F) 
TEL:011-211-0204 
https://www.facebook.com/shun.T.cafe/ 
https://twitter.com/hachamu 



『俊読 2019』Facebook専用ページ 
https://www.facebook.com/SHUNDOKU2019/?modal=admin_todo_tour 




* 



【その他の今後の予定】 


10/8(月祝)18:30~ 
ライヴ「リズム ~彦六・熱の記憶~」 
東京・彦六 
http://shijinrui.blogspot.com/2018/09/blog-post.html 

10/20(土)~22(月)各日13:00~ 
主催ライヴ「俊読オープンマイク」 
札幌・俊カフェ 
※上記概要を参照。 

10/29(月) 
ラジオ出演 
※詳細近日発表。 

11/5(月)~7(水) 
広島・フォーラム&ライヴ出演 
※詳細近日発表。 

11/23(金祝) 
滋賀・ライヴ出演 
※詳細近日発表。 

11/25(日) 
雑誌掲載 
※詳細近日発表。 

12/9(日)13:00~ 
主催ライヴ「tamatogi 2018」 
東京・シルクロードカフェ 
http://shijinrui.blogspot.com/2018/09/tamatogi-2018.html