2019年2月16日土曜日

『俊読 2019』出演者発表第五弾♡

さあ、今月も! 

5/26(日)札幌Fiestaで行われる 
『俊読 2019』の出演者の発表をさせていただきます 

第五弾となる今回は 
こちらのお二人~~ 




* 



★俊読2019出演者★ 



”木村功” 

1948年、北海道幕別町生まれ、札幌在住。俳優。「音と言葉のロンド」として、2018年まで語りと音楽のコラボ「駱駝の瘤にまたがって」をライフワークとして毎年上演してきたほか、「Dance Act」モダンダンスと一人芝居の舞台の創作・演出、独り語り、知的障がい者演劇指導・演出など、その活動は多岐にわたる。 



”ニシムラタツヤ” 

朗読者・俳優。1975年、夏暑く冬もそこそこ寒い繊維の街一宮市生まれ。小学校の放送委員会を皮切りに民放のアナウンサーを目指し、ラジオの深夜放送にどっぷり浸かっていた高校放送部時代に朗読に出会う。南山大学入学後、演劇部「HI-SECO企画」及び劇団「集中㋠療室」での活動を経て、2004年冬以降ひとり朗読の活動を始める。2009年夏から故郷の隣、岐阜・柳ヶ瀬商店街の「いしぐれ珈琲」で始めた月1回の朗読会シリーズは現在まで通算100回を超え現在も継続中。また「青空文庫朗読コンテスト」への入賞を機に東京での朗読イベントに招聘される等、活動の範囲が徐々に拡がりつつある。 




* 



昨年10月に三日間に渡って開催した 
出演者選考を兼ねた 
「俊読オープンマイク@俊カフェ」で 
オイラが迷わず一目惚れした 
渋くて無邪気で大人な男の子(?) 
お二人になります!! 



木村功さんは 
俳優ですが 
多くのみなさんが思い描く俳優像を 
よい意味で打ち砕いてくれる 
存在だとおもいます 

語らぬ語り 
舞わぬ舞い 
音なき音 
描かぬ絵があふれて 
もうその姿は立っているだけで 
ただ、ただ、 
詩です 

功さんのパフォーマンスを拝見して 
この世界のどこかで 
あるとき聴いたことのあることわざで 
もう、それがどこの土地で 
どんなシチュエーションだったのかは忘れてしまいましたが 
はっと思い出した言葉があります 
「神とともに行け」 

オイラにとっては 
そんなひとです 

表現をやっていれば 
(もしくはただ生きていても) 
なんともいえない不可思議なエネルギーが 
己の身に集まってくることがあるものですが 
それが一体どういう質のエネルギーであるのか 
舞台に立つ者はしっかりと 
吟味する責任があるとおもいます 

功さんはそこの判断が大変厳しくて 
そしてそれを表現されるときに 
とてつもなく優しく 
押し付けがましくなく 
客席に放出してくれます 

このことは 
俊太郎さんの詩人としての姿勢にも 
どこかで繋がる大切な部分だと 
オイラはそういうふうに 
勝手に感じています 



ニシムラタツヤさんは 
朗読者であり俳優でもある表現者ですが 
この方もその肩書の 
世間のイメージには縛られない 
独自な存在です 

べつに特別なことはやらないんです 
ただ、詩を朗読しているんです 
私(し)の朗読じゃなくて 
詩(し)の朗読 

それがいかにむずかしいことか 
そして一歩間違えばどんなにこわいことか 
そのことを常に 
はっきりと肚に秘めているひとです 

何よりも彼の肉体を通して発せられる詩からは 
情景が浮かぶ 
それもそうとう豊かに 
自然な形で 

みなさんが何度も読んできた 
俊太郎さんの詩を 
いま一度新鮮に 
しかも細部に渡って味わっていただく 
またとないチャンスかとおもいます 

ちなみにニシムラさんは 
北海道ではなく愛知県在住 
「俊読オープンマイク@俊カフェ」には 
遠方からもたくさんのご参加をいただきましたが 
『俊読 2019』オープンマイク選考枠としましては 
道外からの唯一の出演者となります 

でRからして彼とは 
既報の別イベント 
2/24(日)「名古屋ポエトリーリーディング大百科」 
http://shijinrui.blogspot.com/2019/01/blog-post_31.html 
こちらのイベントでも共演しますので 
東海地方にお住まいのみなさんは 
ぜひ、そちらもあそびにいらしてくださいね☆ 



…と話が横道に逸れてしまいましたが 

とにかくこのお二人が出ることによる 
イベント全体に対する波及効果は 
とんでもないことになるかとおもいますので 
さらなるご期待のほど 
よろしくお願い申し上げますっ 




* 



『俊読 2019』 

5/26(日) 
会場・札幌Fiesta 
https://fiesta.owst.jp/ 


”この国の子どもたちは、皆この男の詩を読んで大きくなった” 

日本でもっとも愛されている詩人・谷川俊太郎の作品を 
さまざま表現者が独自の解釈/方法でパフォーマンスする 
スペシャル・トリビュートLIVE第11弾☆ 


<出演> 
高瀬麻里子 
文月悠光 
木村功 
ニシムラタツヤ 
うさぎとつくね 
仔羊亭たいよう 
しまちち 
ハル 
and more… 

※チケット発売は4月中を予定。 


『俊読 2019』Facebook専用ページ 
https://www.facebook.com/SHUNDOKU2019/?modal=admin_todo_tour 




* 



今回で 
オープンマイクから選ばせていただいた 
出演者の発表は終了となります 

あらためまして 
たくさんのご参加を 
ほんとうにありがとうございました!!! 



さて来月は 
『俊読 2019』最後の出演者発表となります 

いったいその方とはだれなんでしょう!? 
みなさん、首をなが~~~くして 
待っててくださいね 


(ヒント) 
世界でもっともイカした詩人のひとりだよ∞

2019年2月12日火曜日

詩は、よい

つい先日のこと 

とある福祉施設でライヴ(関係者限定公開)だったのですが 
そこに海外からの技術実習生のスタッフさんが 
男女数名おられました 

オイラがパフォーマンスで発声している 
詩の言葉を 
100%理解はしていないはずなのですが 
グイグイ食いついて観てくれておりました 

海外のステージではよく感じることなのですが 
それを日本の 
しかもわりと自分の住まいの近所でのライヴで 
感じさせてもらえて 
あらためて 

詩の持つ 
意味を超越して 
命と命が出会う 
可能性やおもしろさ 
自由でメチャクチャで 
どこかなにか 
真理へとつながっていく 
底知れない魅力を 
実感いたしました 

とくにどうってことのない 
オチのない話なのかも知れませんが 
なんだか大切なことのような気がしまして 
ここに書き留めさせてもらいました 



さてさて 
話題を変えまして 

今年に入って 
立て続けにオイラ関連の動画が 
Youtubeで5本も公開されましたが 

さらにまた 
2本の動画が公開されました!! 

別に狙ったワケでもないのですが 
つづくときはつづくのねえ 

近々の5本が 
トークセッションやインタビューだったのに対して 
今回の2本は 
がっつりパフォーマンスの模様が収録されております 
よかった観てみてくださいね☆ 




『桑原滝弥 tamatogi 2018.12.09』 
https://youtu.be/_KUDqTEM584 


『桑原滝弥 PATCH WORDS 2019.01.12』 
https://youtu.be/jEOydpW37NQ 




* 



そんでもって 
生で会えるひとは 
ぜひぜひ↓でお会いしましょ~~~ 

きみとおれで 
詩を生きて 
どこまでいけるのか 

楽しみで 
狂いそうで 
こわくて 
うれしくて 
笑えてきて 
泣けてきて 
わからなくて… 


だから 
ステージで 
待ってます∞ 




<今後の予定> 


2/17(日) 14:00~ 
ライブ「村居田寄席」 
滋賀・赤い鳥ホール 
http://shijinrui.blogspot.com/2019/01/blog-post_20.html 

2/24(日)13:00~ 
イベント「名古屋ポエトリーリーディング大百科」 
名古屋・千種モノコト 
http://shijinrui.blogspot.com/2019/01/blog-post_31.html 

2/28(木)発売 
雑誌「東京荒野 第16号」 
発行・私誌東京 
※詳細近日発表。 

3/3(日)13:15~ 
イベント「SDGs × ポエトリー」 
東京・自由学園明日館 
http://shijinrui.blogspot.com/2019/01/4272.html 

3/5(火)11:00~/14:00~ 
3/6(水)11:00~/14:00~ 
ライブ「夫妻ライブin花座」 
仙台・花座 
http://shijinrui.blogspot.com/2019/02/in.html 

3/25(月)発売 
雑誌「シェルスクリプトマガジン Vol.59」 
発行・USP研究所 
※詳細近日発表。 

5/26(日) 
ライヴ「俊読 2019」 
札幌・Fiesta 
※詳細随時発表中。チケット発売は四月中を予定。

2019年2月5日火曜日

in 仙台花座

最近の日記で 
滋賀、名古屋、東京での 
ライヴイベントのお知らせをしましたが 

そのお次は 
仙台へまいります! 



会場は 
昨年4月にオープンしたばかりの 
東北唯一の常設寄席 
「魅知国定席 花座」 

2~3月のライヴイベントのなかで 
もっともガッツリ長めの 
パフォーマンスを楽しんでもらえるのは 
こちらのステージになるかと思いますので 
地元のかたはもとより 
遠方のひともぜひ 
あそびにいらしてくださいね 



全国のいろいろな 
演芸場の舞台に立たせてもらってきましたが 

”詩人は芸人を 
  芸人は詩人を 
  肚に秘すべし” 
が持論のオイラとしましては 

やはり寄席という場は特別で 
簡単に素人や門外漢が立ってはいけない 
ある種の神聖な空間だとおもっております 

詩人としての 
ありったけの熱情と 
持って生まれてしまった 
己の業をフル稼働して 
全力で捧げますので 
どうかご期待くださいませ 


よろしくにゃん♡ 




* 



講談師 神田京子・詩人 桑原滝弥 
『夫妻ライブin花座 』 



2019年3月6日(水)/7日(木) 
 ※両日とも2ステージ開催 
【第1部】11:00 開演(10:30 開場)12:30 終演予定 
【第2部】14:00 開演(13:30 開場)15:30 終演予定 


◇出演 
神田京子(講談師) 
桑原滝弥(詩人) 


◇入場料 
大人 2,500円 
65歳以上 2,000円 
小学生 2,000円 
障がい者 2,000円 
※未就学児のご入場はできません。 
※大人チケット以外の購入をご希望の場合は、証明書等を窓口にてご提示ください。 

↓チケットの購入方法、ご予約方法につきましては、下記リンク先よりお問い合わせください↓ 
https://hanaza.jp/ticket-info/ 



◇会場 
「魅知国定席 花座」 
https://hanaza.jp/ 
(〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目4-23 ) 
◆地下鉄南北線 勾当台公園駅 南2・南3出口より徒歩1分 
※大型のバスなどが停まるスペースはございません。 
※建物1階ではラーメン屋「北〇(きたまる)」さんが営業中です。

2019年1月31日木曜日

名古屋ポエトリーリーディング大百科

「名古屋のポエトリーリーディングは 
 桑原滝弥からはじまった」 

非常に光栄なことに 
そうおっしゃってくださるひとが 
たまにいます 

もちろんそんな訳はなくて 
オイラが名古屋でポエトリーの企画を始める前から 
詩の朗読会(ポエトリーリーディング)は 
各所で行われていたと思います 

ただ、ある種のまとまった形のムーブメントとして 
イベントを継続的に開催したのは 
もしかしたら自分が最初だったのかも知れません 



1998年にインドではじめてポエトリーリーディングを体験して 
2000年には日本でもやり出して 
「これはおもしろい!」と直感して 
当時暮らしていた名古屋で 
2001年の4月に最初の企画を開始しました 

当時ちょっとしたブームだった 
ポエトリーリーディングのシーンで 
活躍していたひとを中心に 
詩を感じさせてくれる 
たくさんの表現者に 
名古屋に来てもらいました 

ジュテーム北村 
稀月真皓 
青木研治 
御徒町凧 
さいとういんこ 
川村むつみ 
a-Qui? 
上田假奈代 
新納新之助 
ハギー・イルファーン 
RADIO DAYS 
石渡紀美 
松岡宮 
ちひろ 
高橋よしあき 
蛇口 



2004年の2月に東京に居を移してからも 
年に1~2回のペースで 
名古屋のステージに立ち 
そのときにも 
東海地方以外に在住の 
詩と縁のあるさまざまな表現者を 
この街に紹介させてもらってきました 

谷川俊太郎 
谷川賢作 
小室等 
馬野ミキ 
荒木巴 
チェン・スウリー 
島田篤 
イシダユーリ 
三角みづ紀 



そしてこの18年間の歳月のなかで 
実に多くの 
名古屋、及び、その周辺で暮らしている 
たくさんの詩を愛する表現者と 
出会いました 

姫ひょっとこ 
若林真理子 
松本きりり 
重盛ペンギン
マサキ 
葉月之寛 
林本ひろみ 
ISAMU 
北山美那子 
川村透
楠木菊花
はゆ
村田仁
寺尾晴美 
リア・アン・サリバン 
多田ヒロミ 
中川タカコ 
三橋雅典 
鈴木陽一レモン 
若原光彦 
加久裕子 
亞素麻 
江藤莅夏 
水尾佳樹 
はらだよしひろ 
神戸浩 
洪美怜 
野口あや子 
長谷川雄一 
中川寛 
幻燈ダンスholon 
三原千尋 
チャーリー・ホッパー 



まだまだまだ… 
たくさんのひとの顔が浮かびますが 
全員の名前を挙げたらすごい数になるので 
この辺りで 

とにかく名古屋ってところは 
とても思い入れのある 
自分を育ててくれた 
大切な街なんです 



昨年6月に惜しまれながら閉店した 
名古屋の詩のオープンマイク発祥の地と呼ばれ 
ほんとうの意味での開かれた形で 
ポエトリーのイベントを定期開催した 
「空色曲玉」

そのさよなら企画に 
ゲスト出演してくれたジュテーム北村兄貴と
年末に電話で話していて 
「それにしても名古屋のオープンマイクはすごかったな!」 
と言ってくれた言葉が 
やけに心にひびきました 



また日本全国 
いろいろなところで 
最近ポエトリーリーディングに興味を持ったひとから 
「当時の状況はどんなカンジだったんですか?」 
と質問されることが非常に多くなってきていて 
名古屋のこともたくさん聴いてくれたりします 

東京では 
大島健夫さん 
URAOCBさん 
のお二人が中心になって 
「日本スポークンワーズ協会」を 
数年前に立ち上げられ 

「スポークンワーズマガジン どんと、こい!」や 
「いま、詩を生きる」といった詩人のインタビュー集を出版し 
記憶を記録に残す作業をされていて 
オイラもインタビューを受けて 
いろいろと話させてもらいました 

読んでもらえばわかりますが 
そこでも名古屋での話をたくさんしています 



そんないくつかの感覚や事柄が重なって 
ならば名古屋でのポエトリーリーディング 
詩の声の歴史を 
忘れぬうちに探ってみる 
そんな企画をやってみようと 
思い立ちました 

探っていくうちに 
新たな発見や 
気づきがあるかも知れない… 

ということで 
オイラが東京に引っ越してから今日まで 
だれよりも名古屋のポエトリーシーンを引っ張ってきた 
鈴木陽一レモンを相方に 
下記のようなイベントを開催いたします 



ゲストには 
映像作家で 
ちくさ正文館名物書店員の 
50年近くに渡って名古屋周辺の 
さまざまなアートーシーンと関わり 
また、創って来られた 
古田一晴さん 

ここ10年 
独自の朗読活動で 
これまでの名古屋にない 
新鮮な詩の声の波を起こされている 
ニシムラタツヤさん 

そして 
現役高校生で 
最近ポエトリーリーディングに 
のめり込みだしたという 
行方不レ知さん 



三人のゲストとのトークセッションのあとには 
”ポエトリーリーディング”をテーマにした 
オープンマイクもやりますよ 

貴重な資料も 
各々が持ち寄りますので 
エピソードだけではなく 
当時の雰囲気・匂いが 
より立体的に味わえるかとおもいます 

さあ、果たしてどんな話が飛び出すのか? 
そして、どんな明日が見えるのか? 


名古屋で 
最新の歴史を 
刻みましょっ☆ 




* 



『名古屋ポエトリーリーディング大百科』 


これを見れば 
名古屋のポエトリーリーディング(詩の朗読)の歴史が 
すべてわかる!? 

いかにして詩は声を持ったのか… 
各時代の当事者・目撃者たちが 
その瞬間をライヴで語るトークセッション 

ポエトリーリーディングをテーマにした 
誰でも参加できるオープンマイクも同時開催☆ 



2019年2月24日(日) 
開場12:00 開演13:00 


◇MC 
桑原滝弥 
鈴木陽一レモン 

◇ゲスト 
古田一晴 
ニシムラタツヤ 
行方不レ知 

◇記録 
江藤莅夏 

~内容~ 
13:00 (第一部)20世紀後半、詩の声はどう響いていたのか(トークセッション) 
14:00 (第二部)21世紀初頭、詩の声はどう広がっていったのか(トークセッション) 
15:00   (第三部) そして現在、詩の声はどこへ向かうのか(トークセッション) 
16:00 (第四部)”ポエトリーリーディング”をテーマにパフォーマンス(オープンマイク) 
※各部の合間に休憩が入ります。 

◎オープンマイク参加者募集! 
ポエトリーリーディング(詩の朗読)をテーマにした作品を 
朗読、及び、パフォーマンスをされる方なら、誰でも参加可能。 
制限時間一人(組)4分間。自作他作不問。 
音源(CDソフト対応、USBは再生機器持参の事)使用可。 
楽器(セッティングに長時間掛からないもの)使用化。 
当日開場時12:00~エントリー受付。 
※もちろん観覧のみのお客様も大歓迎です。 


◇料金 
予約2000円 当日2500円 
(+1drink500円オーダー~) 

◇お問い合わせ 
詩人類 (桑原) 
TEL:090-8545-2708 
takiyakuwahara@yahoo.co.jp 
http://shijinrui.blogspot.jp/ 

※ご予約希望の方は… 
○氏名(フリガナ付き) 
○観覧人数 
…を添えて上記問い合わせ先へお申し込みください。 
…お電話でももちろん受け付けております。 


◇会場 
「喫茶モノコト -空き地-」 
TEL:070-6411-7531 
(名古屋市千種区内山3-28-1 
ちくさ正文館2F) 
…名古屋市営地下鉄「千種駅」4番出口より東へ徒歩2分。 
…名古屋市営地下鉄「今池駅」12番出口より西へ徒歩4分。 
https://kissamonokoto-akiti.storeinfo.jp/