2017年11月19日日曜日

生きた記憶

前回のブログで予告しました通り 
先日行った四日間五公演の 
福島県いわき市周辺でのライヴツアーを 
今日は振り返ってみたいと思います 


どのライヴ、どの創作活動もそうなのですが 
今回も心の深いところが激しく揺さぶられました 
うまくまとめられないかも知れませんが 
できるかぎり言葉にしてみたいと思いますので 
よかったらお付き合いください~ 




* 



「夫婦幸福ライヴ in ふくしま2017」を生きた記憶 

http://shijinrui.blogspot.jp/2017/10/blog-post_36.html 


出演: 
桑原滝弥(詩人) 
神田京子(講談師) 
大島健夫(詩人/ゲスト) 
向坂くじら(詩人/スタッフ兼) 
滝弥&京子の息子(一歳一ヶ月) 




11/9(木)19:30~ 「こせき接骨院」 

約二年ぶりとなる福島でのライヴツアーは、営業後の接骨院のベッドを片付けての特設ステージからスタート! 
初日のこちらの会場は直前の開催決定だったので、事前の告知でも発表していなかったため客足が心配だったのですが、開演前にはほどよい混み具合。二年前にも一度オジャマしているせいか、なつかしい顔がチラホラ。いわき市内の各所から集まってくださったお客さんの前で、あたたかい雰囲気の中、ノビノビとライヴをやらせてもらいました。 
詩の言葉を自分の頭の中で、いろいろと転がしてくださっていることがうれしかったですし、京子の、会場を暗くしてロウソクの灯だけでお届けした怪談「番町皿屋敷」に聞き入っている姿に、傍観者ではなく、いっしょにライヴをつくろうとしてくれる意志が感じられて、じんわりと感動しました。 
ラストには、同所で以前に共演した、いわきを代表するフルート奏者・市島徹さんが飛び入り出演してくださって、言葉の余韻を、音楽で広げていただき、それぞれの心の中に溶け入っていったような気がします。 



11/10(金)13:30~ 「飯館村・伊達東仮設住宅 」 

ツアー二日目。いわき市から二時間ほど車で移動して辿り着いたのは、約三年ぶりとなる、飯館村のみなさんが暮らされている伊達市にある仮設住宅。 
来年三月末で入居期間が終了となるため、以前来たときよりも空き室が目立つようになっていました。それはそれで、本来ならばよいことなのですが、今尚放射能の汚染がつづくこちらの地域では問題は複雑です。子ども世代、孫世代は、放射能のこともあり別の街で生きていく選択をし、村に戻ることを決断したのは、年配の人ばかりというのが実情とのこと。 
この日の客席も、めったに子どもや孫と会えない、そんなお年寄りのみなさんが中心でした。公演後に話を伺ったら、たまに新たな環境で暮らす子どもたちの家に泊まりに行く人もいるようなのですが、そうすると一気に認知症の症状が出るのだとか。しかし、昔から見知ったみんなが暮らす仮設に帰ってくると、また正常な状態に戻るとのこと。 
何も知らない若造の自分には想像もつかない、みなさんの葛藤。子どもたちと暮らしたくても、ボケてしまうなら、放射能を避けるための黒いシートで覆われた故郷に、同世代の仲間と帰る・・・だからでしょうか、ライヴのラストに一歳一ヶ月の息子を登場させたときの、みなさんの底抜けにうれしそうな表情が、とても印象的でした。みなさん、たくさん、たくさん、息子をあたたかくダッコしてくださいました。 
また、じっくり聴き入るような静かな詩だけでなく、楽しく笑える詩のパフォーマンスをしているときにも、それぞれのポイントで切実に受けとめてくださっていたことが忘れられません。 
この仮設住宅でのライヴは今回で最後になりますが、飯館のみなさんとは今後も何かしらの交流を持たせてもらえたらと願っております。 



11/11(土)11:00~ 「ことほぎ庵 森へゆこう」 

ツアー三日目。今日は午前/午後の二回公演。まずは、2011年からずっと交流を持たせてもらってきた”ことほぎ庵”さんが、昨年新たにデイサービスをオープンされたということで、そちらの一周年記念イベントとして、ライヴをやらせていただきました。 
利用者さんと、そのご家族、関係者の方々が集まってくださって、午前中とは思えない熱気溢れるライヴとなりました。おそらく、オーナーの川口さんご夫妻や、スタッフのみなさんが、真心の込もった、血の通ったサービスを日頃からされているのでしょう。初めて訪れた場所なのに、とても入りやすくて、ライヴもものすごくやりやすかったです。 
詩を詠みながら、みなさんのお顔を見ていて、命というものが、生きる場所によって、まったく異なる可能性を引出されるものだということを、あらためて実感させてもらいました。 
終演後は、みなさんとワイワイ楽しく懇親会。前日からスタッフさんが腕によりをかけて仕込んでくれた美味しい料理をいただきながら(オイラは特にカレーうどんにはまってしまい二杯も食べちゃった!!)、いろんなお話をしました。おもろかったな~。 
”また、来たい!”と素直に思える、飾り気のない豊かな場所でした。 



11/11(土)15:00~ 「グループホーム ことほぎ庵」 

午後からは、以前から何度も訪れている”ことほぎ庵”さんのグループホームへ。 
こちらは入所者さんが全員認知症で、ご家族のみなさんも付き添いで観ていただく形だったのですが、とにかく自然な意識で楽にパフォーマンスができました。リラックスし過ぎていくつかキッカケをまちがえちゃうくらい(共演のみなさん、ごめんなさい!) 
数年前の、いろんなライヴを振り返った日記を読んでいただくとわかるのですが、以前は認知症の方が客席に多いライヴ会場では、こちらが構え過ぎたり、うわべの表情のちがいにとまどって、なかなかよいパフォーマンスができませんでした。ところが最近はほんとうに充実した時空をいっしょにつくれるようになってきました。 
認知症の人と、そうでない人とのちがいは、自分の中では単に心のチューニングのちがい。そして認知症と呼ばれる人の心は、詩をつくっているときの自分の心の状態と、とても近いものがある気がするのです。なんていうか、感情の奥底で対話できるカンジ。 
当初は、みなさんの集中力次第では、短めのパフォーマンスでもかまわないとスタッフさんから言っていただいていたのですが、そんな訳で他の会場と同じくがっつり一時間のライヴをかまさせていただきました。 



11/12(日)14:00~ 「久之浜・大久ふれあい館」 

そんなこんなでアッという間にツアー最終日。東日本大震災では、津波の被害が甚大だった久之浜・大久地区の、新たににできた防災センター内にある、イベントスペース”ふれあい館”でのライヴ。 
五年前に、作曲家/ピアニストの谷川賢作さん、地域のみなさんといっしょに、町のうた「たしかなる風~ふるさと久之浜・大久~」「トブシルのうた」をつくった、自分にとっても大切な土地。聞けば、この二曲は現在も、小学校や街の各行事などで歌い継がれているとのこと。作者のひとりとして、こんなにも幸せなことはありません!!! 
久之浜・大久のみなさんは、とにかくノリのよい方が多く、今回もめちゃくちゃ明るいステージとなりました。かと言って、じっくり聴くポイントはすごく集中して味わってくださるので、かなり振り幅の大きな客席と言えます。 
また、東京などの他地域から観に来てくださった方もチラホラいて、そのこともオイラにとっては、すごく大切なうれしいことでした。 
終演後は地元の地域づくり協議会のみなさんが、アンコウのドブ汁、アンコウのとも和え、メヒカリの唐揚げなどといった、郷土料理をふるまってくださって、ツアーメンバー一同、舌鼓を打ちまくりました。感謝の気持ちとともに、”ああ、もっと、それぞれの心のいろんなところがイキイキするような詩をつくって帰ってくるぞ!”と、決意を新たにしたのでした。 



各ステージで、今回のツアーができたのは、全国各地のライヴ会場で”わたしの分まで行って来て”と活動支援金を託してくださったお客様のおかげであることをお伝えしました。 
みなさん、その瞬間、息を呑むような、なんとも言えない深い表情をされて、うなづかれておられました。 

尚、全公演、ラストには出演者全員で、オイラの詩「生き際について」を詠みました(息子はアクション&シャウト担当♪)。 
詩を聴いてくださっているひとりひとりの恐くなるほどの真剣な表情に、時折自由な行動に出る息子の一挙手一投足に対する神々しいまでのやさしい微笑が重なるという、なんだか究極のふたつのものが入り交じっていくような、不思議な、たしかな現実がそこにはありました。 
けっして狙ってはできないステージに身を置きながら、人間の奥深さ、言葉を他者に発することの重大さを、あらためて思い知らされました。 



また、今回各地を回らせてもらって、たくさんの新たな問題が出てきていることがわかりました。そして、ずっと先送りにされている根深い問題も。 
だから、そういった諸問題に立ち向かうおひとりおひとりの心がすこしでも、しなやかに、楽に、自由になっていただけるように、これからも詩芸を磨いてまいります。 
すべては他人事。だれかの人生を代わりに生きることはできません。ならば、もっと己を突き放して、内から出る表現を、観客や読者のみなさんに捧げていきます。 
自分ひとりではしあわせになれないから、答えが出ないから、詩人になったのだとおもうのです。そこからしか、生きられないから。 
はじめて詩を書いたとき、なんとなく死にたい気持ちだったことを覚えています。矛盾しているように受け取られるかも知れませんが、それはすごく自分の生命が輝いた瞬間でした。 
今回のツアーでは、そのときの感覚を思い出しながらパフォーマンスをしました。そのせいか、自分が何をやったのか、実はあんまりよく覚えていません。ただ、目の前のお客さんの魂のようなものの中に入っていって、そこから自分の肉体と声を動かしていた記憶があります。 
これ以上は、言葉で表現するよりも、実際の作品やパフォーマンスを通して味わっていただいた方がよいかと思いますので、どうか、これからもよろしくお願いいたします。 



ゲスト出演をしてくださった詩人の大島健夫さん 
スタッフ、及び、一部飛び入り出演もしてくださった詩人の向坂くじらさん 
妻の講談師・神田京子と、我が息子 

この企画の言い出しっぺの自分に、奇麗事では済まされない大変な力を貸してくださったこと、大袈裟でなく一生忘れません。 
ともにステージに立って感じ、傷つき、笑い、力を出し合えたことは、これから自分が生きていく上での大切な財産です。 
本気で、最高のメンバーでした。ありがとうございました。 

そして、食事や宿を提供してくださり、会場への送迎まで快く引き受けてくださったホストファミリーのKさんご一家 

ほんとうにお世話になりました。 
震災のこと、詩や芸術のこと、子どものこと、人と人が関わるということ、たくさんのことをお互いが問いかけ合って、答え合って、考え合いました。 
そして、それらのことを、日々の暮らしの中で体言されいて、背中で教えていただいた気がします。 
いつか恩返しができるように精進していきます。ありがとうございました。 




最後に、このブログを読んでくれている”あなた”をはじめ、 
今回のツアーを応援してくださったいろんな場所で今を生きている 
すべての”わたし”に感謝を申し上げます 

ほんとうにありがとうございました 


愛してます 
また、会いましょう∞

2017年11月16日木曜日

あの世はどんなとこかな〜

こないだのtamatogiと 
こちらのブログで 
来年4/30(月祝)
「俊読 2018」の 
開催を発表したところ 

何件かのお問い合わせや 
イベント等での期待の声といった 
うれしい反響をいただきました 

ありがたや! 

でRからして 
今年の「俊読 2017」の模様を 
ちょっぴりだけYouTubeに公開しました 

この動画を観ながら 
2/1(木)の詳細発表を 
ワクワクしながら待っててね♪ 



詩「路上」  
作:谷川俊太郎  
朗読:桑原滝弥、上田假奈代  
~「俊読 2017」より~ 
https://youtu.be/-aUiMKb_cjc 




追伸: 
すさまじく感じるところの多かった 
先週からの福島ツアーの模様は 
近日中に道中記を書きますので 
こちらもどうかお待ちあれ~

2017年11月1日水曜日

銀河鉄道の昼

先日 
東京国際映画祭で 
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の最新作 
「エンドレス・ポエトリー」を観てきました  



いまの自分にとってこれは 
粛々と受けとめるべき映画でした 

上映時間の二時間強はあっという間で 
演出も音楽もファッションも 
ド派手で流れるようにかっこよかったし 
突き刺さる台詞劇も実に見応えがありましたが 
それよりも何よりも
なんだか自分の中のすごく地味な部分に
訴えかけてくれるものがありました

観るタイミングによって
印象がずいぶんと異なる映画なのかも知れない
興味のある方はぜひ! 
http://www.uplink.co.jp/endless/ 


ホドロフスキーさん 
”生きる”ということに対して 
喧嘩を売ってくれてありがとう 



そんな 
詩人を志したガキンチョが主人公の映画を 
偶然すぐそばの席でいっしょに観ていた詩人がおりました 
(本人は詩人じゃないと否定するかも知れませんが) 

その男が主催するイベントに近々出演します 

1950年代のサンディアゴから 
2010年代のトーキョーへ 


燃えさかる蝶の行く末 
しかとお届けいたします∞ 




* 



「銀河鉄道の昼」 

2017年11月26日(日) 
開場13時/開演13時30分 


出演(順): 
桑原滝弥 
中村アリー 
蛇口 
馬野ミキ 


料金: 
1200円+1オーダー 

会場: 
高円寺・大陸バー 彦六 
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/ 



※彦六・昼の部”喫茶 東京鼠"において 
 毎月最終日曜に厳選したゲストと共にお届けする 
 馬野ミキによる企画。 
http://blog.livedoor.jp/poetryplanet-ginga/

2017年10月23日月曜日

言葉なんかどうでもいいと言葉の力でおもえた夜

昨夜は 
圧倒的にお足元の悪いなか 
「tamatogi 2017 ~秋の詩のオープンマイク祭り~」へ 
たくさんのご来場を賜りまして 
ありがとうございました 



文字通りの 
嵐の夜となりましたが 
あんなにも多くの人が 
帰れなくなるかも知れないのに 
駆けつけてくださって 
パフォーマンスしたひとも 
見届けたひとも 
巻き込まれたひとも 
漂流教室と 
台風クラブと 
アフターアワーズを 
ごちゃ混ぜにしたような 
トリップ感のさなか 
あっぱれな熱と冷気を発していて 
うれしいのか 
こわいのか 
パキパキなのか 
グニャグニャなのか 
気が違っているのか 
わからなくなって 
ああ、楽しかった、 
じゃすまされない 
命の芯にひびく楽しさがあって 
はじめてのひと 
ひさしぶりのひと 
たびたびのひと 
たびのひと 
それぞれの個と公のはざまの 
言葉と 
声と 
息が 
幾重にもトグロを巻き 
回転し浮上し沈殿し霧散し凝縮し 
爆発し 
無を目指し 
祈りとなりて 
つまりはたったひとつの 
大きな 
小さな 
この夜だけの 
詩が生まれて 

tamatagiは 
まだまだつづくのでした 



今回 
台風21号の影響で 
ご来場を断念した皆様 
次こそは出会えますように 

予約制のイベントでもないのに 
来られない旨の連絡をくださったひとが 
遠方のひとを中心に二十名近くもいて 
観に来てもらえないのは残念だけど 
なんだか心があたたかくなって 
グっときました 

会えたひと 
会えなかったひと 
その両方から 
tamatogiは愛されているイベントなんだなと 
あらためて思い知らされました 
主催者として 
こんなにもしあわせなことはありません 



このような訳のわからない 
めちゃくちゃなイベントを 
おもしろがって 
受け止め支え 
最高の形で広げてくださった 
会場の新世界のスタッフの方々 

”tamatogiだから” 
という覚悟をどこかで肚に秘めて 
真剣を見せてくれた 
大島健夫 
河野宏子 
三原千尋 
ゲストのお三方 

いつ何時も 
影の全力で笑って動いてくれた 
かほり 
りょうへい 
詩人類スタッフ 

そして 
いまもおれに 
詩のオープンマイクのおもしろさを 
気づかせつづけてくれている 
共同主宰 
イシダユーリ 

「tamatogi 2017」に関わってくださった 
すべてのひとりひとりに 
心から御礼申し上げます 

ほんとうにありがとうございます∞ 



tamatogi、 
次回は来年になるかと思います 
まだ開催時期等は未定ですが 
決まり次第お知らせしますので 
これからも何卒よろしくお願いいたします 

詩人類の次の企画としましては 
昨夜のラストに発表いたしました通り 
下記のイベントが待っております 



みんな、また、あそぼっ 




* 



”詩人類”次回企画 


2018年4月30日(月祝) 
「俊読 2018」 
会場:クロコダイル 

出演: 
谷川俊太郎 
桑原滝弥 
他 

開催決定!!! 



詳細は 
来年2/1(木)当ブログ 
http://shijinrui.blogspot.jp/ 
にて発表☆

2017年10月22日日曜日

tamatogi台風クラブ

本日は予定通り、tamatogiを開催させていただきます 

みんな、気をつけて来てね 



途中まででも、途中からでも、もちろん、 
最初から最後まででも
嵐よりも強くて優しいtamatogiでお出迎えしますので 
どうか安心してお越しください 
(終演は21:30頃を予定しております)

なんだか 
めちゃくちゃおもしろいライヴが生まれる予感… 



tamatogi台風クラブで待ってるぜ~~~ 




* 



tamatogi 2017 
~ 秋の詩のオープンマイク祭り~ 



2017年10月22日(日) 
開場/17:00 開演/18:00 


◇ゲスト 
大島健夫 
(東京「SPIRIT」、千葉「千葉詩亭」主宰) 
河野宏子 
(大阪「ことぶき!」主宰) 
三原千尋 
(名古屋「詩のあるからだ」主宰) 

◇MC 
桑原滝弥 
イシダユーリ 

◎詩のオープンマイク参加者募集! 
詩の朗読、及び、詩的パフォーマンスをされる方なら、誰でも参加可能。 
制限時間一人(組)4分間。自作他作不問。 
音源(CDソフト対応、USBは再生機器持参の事)使用可。 
楽器(セッティングに長時間掛からないもの)使用化。 
当日開場時17:00~エントリー受付。 
※もちろん観覧のみのお客様も大歓迎です。 


◇料金 
2000円(ドリンク代別途) 

◇お問い合わせ 
詩人類 (桑原) 
TEL:090-8545-2708 
takiyakuwahara@yahoo.co.jp 
http://shijinrui.blogspot.jp/ 


◇会場 
『新世界』 

〒106-0031 
東京都港区西麻布1-8-4 三保谷ビルB1 
TEL:03-5772-6767 
info@shinsekai9.jp 
http://shinsekai9.jp 

都営大江戸線、地下鉄日比谷線「六本木駅」2番出口より、六本木通りを西麻布方面へ徒歩8分、六本木通り沿い。 
渋谷駅より、都営バス六本木方面「六本木六丁目」停留所下車、六本木通りを西麻布方面へ徒歩1分、六本木通り沿い。 



☆詩のオープンマイク”tamatogi”とは… 
桑原滝弥とイシダユーリの二人の詩人主宰による、参加者が詩だと感じる表現なら形式は問わない自由度の高いオープンマイク。 
主宰二人が醸し出すイベントの雰囲気が評判を呼び、これまでに有名無名を問わず、さまざまなジャンルや地域や意識を持つ人々がエントリーして、たくさんの交流が生まれている。 また、観覧のみを楽しむ観客が多いイベントであることでも知られている。 
今回は、全国各地の詩のオープンマイク主宰者をゲストに招いて、 ライヴで感じる詩の面白さ・こわさ・可能性を追求する。 


【ゲスト・プロフィール】 

大島健夫 takeo oshima 
詩人。 1974年千葉生まれ。 2007年、「詩のボクシング」神奈川大会出場を機に詩の朗読を開始。2014年、24時間ワンマン朗読ライヴ完遂。ポエトリースラムジャパン2016優勝、パリで行われたW杯で準決勝進出。ベルギー、イスラエルなどの詩祭やポエトリースラムにも出場。 
<主催オープンマイク①>東京『SPIRIT』 毎月第一月曜日、渋谷”RUBY ROOM”にて開催中。 
<主催オープンマイク②>千葉『千葉詩亭』 毎偶数月第三日曜日、中央区登戸”TREASURE RIVER BOOK CAFE”にて開催中。 
http://www1.odn.ne.jp/goingthedistance/ 

河野宏子 hiroko kohno 
詩人。大阪生まれ。2003年頃より朗読を始め、関西を中心に、日本各地、及び、海外(パリ、ニューヨーク)のステージに立つ。詩の情報ZINE「PAPERDRIVE」編集長。オープンマイク「ことぶき!」主催者。ポエトリースラムジャパン大阪大会主催者。2013年より母親。 
<主催オープンマイク>大阪『ことぶき!』 毎月第三日曜日(変更の場合あり)、谷町九丁目”ライヴ喫茶亀”にて開催中。 
http://ameblo.jp/poetrymarking/ 

三原千尋 chihiro mihara 
朗読詩人。1984年愛知生まれ。2009年朗読活動開始。以来、新宿スポークンワーズスラムやポエトリースラムジャパン等のマイクバトル、ライブイベント、オープンマイクで武者修行に励む。等身大の愚痴をストレートな言葉と音楽的な緩急で客席に投げかける自称「あるあるネタ詩人」。 
<主催イベント>名古屋『詩のあるからだ』 毎月第二水曜日、八事”ポップコーン”にて開催中。 
https://twitter.com/ametotaiyo 




いざ、自己表現の向こう側へ… 

ひとりで来て、 
ひとりで帰っても、 
ちゃんと何かと繋がるポエトリーイベント 

今年も開幕∞

2017年10月15日日曜日

出会うべきひとよ

うう、なんだか寒くなってきましたねえ 

こうなったらもっと寒くなりやがれ! 
とか、逆にテンションが上がってしまう 
元気にビョ~キな詩人です☆ 

そんなここ最近も 
いろんなところで 
オイラの詩にふれてくださったみなさん 
ほんとうにありがとうございます 



これから冬にかけても 
どんどん”詩”つづけてまいりますよ~ 

来月は約二年ぶりの福島 
みんな、待っててね!!! 




* 



「夫婦幸福ライヴ in ふくしま2017」 



出演: 
桑原滝弥(詩人) 
神田京子(講談師) 

ゲスト: 
大島健夫(詩人) 



11/10(金)13:30~  
伊達 飯館村・伊達東仮設住宅 

11/11(土)11:00~  
いわき ことほぎ庵 森へゆこう 

11/11(土)15:00~ 
いわき グループホーム ことほぎ庵

11/12(日)14:00~ 
いわき 久之浜・大久ふれあい館  



☆夫婦幸福ライヴとは・・・? 
結婚生活こそリアルエンターテイメント!という訳で、桑原滝弥と神田京子が、結婚式の代わりに詩と講談で表現する「メオトライヴ」を開催したことがキッカケとなり、以来、ご好評を頂き今年で丸10年、国内外で公演を重ねております。 
今回の久々の福島でのライヴでは、ポエトリースラム(詩の朗読競技大会)の日本チャンピオンとして、フランス・パリで開催された詩のW杯にも出場経験のある詩人・大島健夫をゲストに招いて、さらにパワーアップした楽しいステージをお届けします! 
尚、本公演は、桑原、京子、大島が、独自の活動の中で地道に集めて参りました活動資金を活用させていただいております。全国各地のみなさんの、笑顔と思いを込めて…。 



入場無料 

※施設/地域関係者以外で観覧を希望される方は、 
 事前に下記までお問い合わせください。 

【お問い合わせ】 
詩人類・桑原 
TEL:090-8545-2708 
takiyakuwahara@yahoo.co.jp 




* 



でもって、その前に! 

つぎの日曜(10/22)18:00~は 
いよいよ、tamatogi@六本木・新世界 
http://shijinrui.blogspot.jp/2017/07/tamatogi-2017.html 
http://shinsekai9.jp 

何気に重大発表もありますので、乞うご期待ね♡ 




寒きゃ寒いほど燃えるものがある 
暗きゃ暗いほど輝く光がある 

すべては必然だそうだから 
出会うべきひとよ 
集え∞