2018年6月19日火曜日

クワクワ・ホッパーとチャーリー・タッキー12

苦しんでたまるか 
手と羽根の折り合いよ 
楽しんでたまるか 
感情の臍を知ったなら 

ただ地平線の真っ只中を 
無心で飛ぶだけ 
飛んでることすら 
忘れてしまって 


https://twitter.com/KAKUKAKUYO/status/1008936303105224705

2018年6月9日土曜日

いま、詩を生きる

生まれたとき 
自分は未熟児で逆子で 
臍の緒が首に巻き付いていて 
窒息状態で 
真っ青な顔をして 
泣き声を上げなかったそうです 

お医者さんや看護婦さんが 
いろんな刺激を与えても 
微動だにせず 
これはもう無理かも知れないと 
分娩室にいる誰もが 
あきらめかけたときに 
自分はやっと 
「おぎゃ~」 
と大きな声で泣きました 



そんな 
かろうじてこの世に 
生を受けさせてもらった自分が 
えらそうに詩人なんて名乗って 
見ず知らずの人に 
生きるよろこびを 
叫んだり囁いたりしているのは 
ほんとうに不思議です 

でも 
やっぱりあのとき 
オイラはこの世界で 
”生きる” 
と自分で決めて 
泣いたんだとおもいます 



「いま、詩を生きる」 
そんなタイトルの本が 
この世に誕生することになって、ふと、 
そんなことを思い出したりしています 




* 



「いま、詩を生きる -谷川俊太郎と8人の朗読詩人が語る詩人生-」 
(日本スポークンワーズ協会 編) 
定価 1500円 



2013年以降、スポークンワーズ・マガジン「どんと、こい!」に掲載してきた、 
三角みづ紀、村田活彦、さいとういんこ、桑原滝弥、成宮アイコ、大島健夫、文月悠光、馬野ミキの8人の朗読詩人のロングインタビューを一つに集成。 
そして、インタビュー収録後に彼らが歩んだ道のりが、新たに本人たちの言葉で語られる。 
さらに独自に収録した谷川俊太郎ロングインタビューを巻頭に加え、「いま、詩を生きる」詩人たちの魂の声が鮮やかに浮かび上がる210ページ。 



6月11日(月)、渋谷RUBY ROOMでのポエトリーリーディングオープンマイクSPIRITより発売! 

日本スポークンワーズ協会メンバーの出演するライヴ・イベント会場の他、 
全国より通信販売にてお求めになれます。 

◎ご注文の方法について 
1.「お名前」「ご住所」をご明記の上、 
jpspokenwords@yahoo.co.jp 
までご連絡ください。 
2.折返し、振込先の口座と合計金額をメールにてお知らせいたします。 
3.お振込確認後、ただちに発送させて頂きます。ただし、恐れ入りますが振込手数料に関しましては、ご購入者各位にてご負担をお願いいたします。 



この本に関するお知らせは、 
随時、日本スポークンワーズ協会ホームページ 
http://japanspokenwords.blog.fc2.com/ 
及び、Twitter 
https://twitter.com/jpspokenwords 
にて発信・更新されます。 
どうぞご確認ください。 

また、お問い合わせ等は、 
jpspokenwords@yahoo.co.jp 
までお願いいたします。 




* 



オイラと大島健夫さんが 
谷川俊太郎さんのご自宅におじゃまして 
「詩の朗読」に特化してお聴きした 
インタビューをはじめ 

さまざまな詩人の 
詩を声に出すことや 
それにまつわる 
それぞれのおもいや理由が 
雑誌掲載時とは異なる 
初出エピソードも交えて 
たくさん収められています 

それはきっと 
あなたが生きていくなかで 
発しつづけていく日々の声と 
何かしら繋がっていくものなんじゃないかと 
オイラは信じています 



来週末(6/17)開催の 
大阪での「ことぶき!」 
http://shijinrui.blogspot.com/2018/05/blog-post_17.html 
を皮切りに 
桑原滝弥・関連イベント会場でも 
随時販売していきますので 
よかったら手に取ってみてね 


いま 
生きて 
詩を感じる 

すべてのあなたに捧げます∞